賃貸でもペットと暮らしていきたい!どんなところがいいの?

分譲マンションじゃなくても大丈夫?

犬やネコなどのペットと飼い主の関係性はどんどん変化していますよね。今は伴侶動物といって、その人の人生にとってかけがえのない存在になっていることも多いんですよ。戸建て住宅ならペットを飼うのにも不自由をすることはありませんが、マンションだとなかなかそういうわけにもいきませんよね。最近は伴侶動物であるペットをマンションでも飼い続けたいと希望する入居者が増加しているので、新築の分譲マンションならペットの飼育ができる物件の方が多いです。退去時の原状回復のこともあるから賃貸だと難しいのかな?と思われがちですが、賃貸マンションでもペットの飼育が認められているところが少しずつではありますが増えています。まだ分譲マンションと比べると数は少なめですが、ペット同居専門の賃貸も登場しているので、これからの変化に期待したいですね。

キーワードは共生です!

ペットを飼える賃貸マンション物件の情報を見ていると、単純に「ペット飼育可」と記載されているケースと、「ペット共生」や「ペット専用機能付き」などの用語が記載されているケースがあることがわかるはずです。どちらも同じ意味のように見えますが、ペットとの生活環境としては大きく実態が異なっています。「ペット飼育可」という物件は、そのマンションの持ち主が入居者のペットの飼育を許可している物件のことです。動物と暮らすための環境は自分で整える必要があります。一方、ペット共生賃貸の方は様々なペット向けの設備が整っているので、動物たちと一緒に入居するだけでいいんですよ。

江別市の賃貸では、家賃が手頃な物件も充実しているため、限られた予算内で新たな物件に住みたい場合でも安心です。