店舗デザインをするに当たり気をつけておきたいこととは

なるべく段差を作らないようにする

店舗デザインをするにあたり、まず第1段階としてお客さんが入って来やすい雰囲気にすることが重要になります。そのためには、入り口がわかりやすいことが重要になります。特に初めて入ってくるお客さんは、入り口がわかりにくければなかなかお店の中に入ってくることはないでしょう。そのため、本来顧客になるはずの人たちを逃してしまうことになるかもしれませんね。お店の人にとってはそれほど抵抗はありませんが、初めてお店にはやって来た人のために入り口を明るくオープンにしておくことが大事です。可能なかぎりガラス窓を使い、中を見やすいようにするべきです。
もう一つは、お店の前のところで段差を作らないことが重要になります。たとえ3段程度の階段でもそこにあるだけで入りにくい雰囲気になることを知っておきましょう。

入り口のスペースは十分にとっておく

お店の中に入ったとき重要になるのは部屋のデザインなどもそうですが、スペースが十分に確保されているかです。狭苦しい空間の中にたくさんのものが置かれていたりすると、圧迫感があるためなかなかお店に入って落ち着くことができません。そこで、まず入り口のところを広く取っておくことが大事でしょう。奥の方は多少狭くても、入り口のスペースさえ十分あれば開放感がありそこにいるお客さんもお店の中で過ごしやすくなります。
特に、レジの周辺は入ってくるお客さんと会計をするお客さんが入り交じりやすいですので、ほかのお客さんとぶつからないほどのスペースが重要になります。

店舗デザインが統一されていることによって、経営者が異なっていたとしても利用者側に不信感を与えずにデザイン特有の安心感すら与えることが可能です。