夢の注文住宅は金額がポイントになってくる

色々なハウスメーカーに相談

贅沢な家、住みやすい家は注文住宅で家を建てることでしょう。ただ、建売の一戸建て住宅は多棟現場ならば同じような造りの家をたくさん建てるのでかなりスピーディーに仕上げていけます。よって人件費も安く済むでしょう。それに比べると注文住宅は世界に一つだけの家なので、それだけ建てるのに時間がかかりますから人件費もかかります。ですから必然的に建売一戸建て住宅よりも注文住宅はお金がかかります。しかし、ハウスメーカーによって坪単価に違いがありますので、注文住宅で家を建てる際は、たくさんのハウスメーカーの話を聞きましょう。そして、リーズナブルな料金でもきっちりとした家を建ててくれるメーカーはあります。そんなメーカーで理想のマイホームを建てましょう。

注文住宅だからこそローン返済計画はしっかり

マイホームを購入する人の多くが住宅ローンを組んで家を購入します。住宅ローンを使わずにマイホームを購入できる人はなかなかいないでしょう。基本的には高かろうが安かろうがほとんど住宅ローンを組むわけですが、その中でも注文住宅はかなりの費用がかかりますから、住宅ローンを組む際、特に注意しましょう。ポイントはどれだけの金額を借りることができるか、ここを最初に算出しましょう。ただ、算出した金額を上限目いっぱいまで借りるのではなく、少なめに借りる設定にしておきます。そうすれば、月々の返済にゆとりを持つことができるでしょう。家を建てていく時にここも追加したい、あれも追加したいなど要望がどんどん出てくる可能性があります。その際、きちんと追加見積もりを提示してもらいましょう。

2000万で家を建てるなら設備には徹底的にこだわろう。建築会社には二重窓、床暖房、ミストサウナ、ガラストップコンロはつけてもらえます。2000万の家なら素晴らしい設備の揃った家が建てれるでしょう。